ジギング編
ロックボトムこと管理人、ジギングは実は結構前にやっていました。そのころはもちろん遊漁船に乗り合いでした。職場の仲間と数シ-ズン、イナダサバを釣っていました。タックルもツインパワ−5000HGにウエダのジャ−キングスティックで快適にしていたんですが、ロックを始めてそちらに夢中になり、タックルも処分してしまいすっかりロックオンリ−になってしまいましたが、自船があり気ままな釣りができるのでまたジギング再開しました。しかし、タックルがなく、2シ−ズンはあるもので済ませていました。そこそこ用は足りたのですが青物はリ−ル、ロッドの消耗も激しく、2009シ-ズンににむけてタックル準備しました。おそらくロックボトムメンバ−面々も相当このシ-ズン開幕を待ちにぞみまたタックルをそろえたことでしょう!!!
今シ-ズンの目玉です。ソルティガGAME3500!!圧倒的防錆力、耐久性にすぐれたフラッグシップモデル!仙台湾のライトジギングには最適です。(2009購入)
これはシ-バス用にツインパワ−C3000です。ラガ−が海にブン投げたものと同じようです。偶然のようで必然のようにそろえました。私は落としません。(2009購入)
カルディアKIX4000.見た目もそうですが意外と頑丈です。じつはソルティガより買い得なのでは・・・。PE3号200巻いてます。
Gクラフトの「ファイティングドルフィンです。実はこれはかなり気に入ってます。68のレングスもいいのですがとにかく軽い!仙台湾水深20M前後の斜め引きのキャスティングには非常に有利です。これにGAME3500を装着します!完璧です・・・道具は・・・。
ええとこれは、漁礁方面水深40Mのバ−チカル用です。150gのジグまでいけます。サブとして持ち込みます。
シ-バス用ウエダのPRO4ハチェットです。
ファイティングドルフィンとソルティガの装着です。「ん〜、かっこういい!!これを落としたら飛び込みます」
そしてこれも管理にん、レインウエアが渓流の短ランみたいなのしかなく今年はかなりずぶ濡れれになったのでダイワゴアテックスXCRでいどみました。完璧です、蒸れません、着替え少なくてOKでした。やはり値段に比例します。比例しないのは釣果だけです。
じょじょに追加していきます。皆さんはジギング準備万端ですか??
inserted by FC2 system