BODY SONY α7U
言わずと知れたフルサイズ
ミラ−レス一眼!

人生初のフルサイズです。
さらにレンズはこれも人生初
単焦点

Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA
を装着です。

携帯性に優れすばらしい描写力!
スナッップをはじめ普段使いをします。

桜のシ-ズンが待ちどおしいです!
望遠に「関してはFE 70-200mm F4 G OSS のGレンズにしました。  canonのモデルよりほぼ半分の重量です! フルサイズなんでテレ側がやはり弱くなりましたが、それなりに使用したいと思います。

それにしても総重量が軽い!と感じてしまいます。億劫にならずに車に積めます!
 こちらはコンデジコ−ナ−です!2014購入ですがの Cyber-shot DSC-RX100 初代です!
1インチセンサ−が素晴らしく、最近までほとんどこれで済ませていました。釣り用コンデジが古くなり、もったいないですが今はこれを船に持ち込んでいます!
 
 こちらは似ていますがCyber-shot DSC-RX100 MVになります。素晴らしいカメラです。ワイド4mmの差がかゆいところに手が届き、バリアングルとwifiがあっため購入しました。値段はコンデジかっ!と怒りたくなります。  

以上2016年からは管理人ミラ−レスに突入しました。PLフィルタ−も径変換アダプタ−で代用できました。うんちくを語ると止まらなくなるので、マニアなひとと話します。

2016.02.更新

管理人のカメラの歴史は古い。中学生のときにミノルタの一眼レフを使う、カメラ小僧であった。1996年にPENTAX Z5Pを購入してしばらく使っていたが、時代とともにデジイチになりフィルム写真300枚入りのアルバム15冊、総枚数4500枚を見事に整理整頓したのでしたのが2006.05。

その後デジイチ変更して、現像することがほぼなくなった。08.04.17には下記の通りのシステムになった。
デジイチ 初代 ボディ/
CANON EOS KISS
デジタル N
約2年使用。入門機としては最適でかなり使い込んでマスタ−したもの。この春X2が発売された。
    BODY   2代目   
    CANON EOS 40D

       6.5コマ/Sは早いですよ。
レンズ/
TAMRON SP AF17-50mm
F/2.8XR


価格、画角、F値すべてよし。
望遠ズ−ム/
CANON EF 70-200mm
f/2.8 L IS USM
200mmまでの望遠がf2.8の通しなんですよ。
このサイトは釣りのWEBなのでカメラに関しては初心者用に書きますが、なぜこれが欲しかったかというと室内スポ−ツ(バスケット)の撮影をしたかったためなんざんす。バスケットを撮影したことのある方ならわかると思いますが、ほとんどが被写体ぶれ、または超暗い仕上がりになると思うんです。
それは露出が足りなくTVにすれば暗い写真だし、AVにすれば被写体ぶれだし、雑誌のような写真はまず撮れません。
暗い室内で早い動きのものを撮影するためには明るいレンズが必要なのです。ISO1600に設定すれば1/250とかで撮影が可能なのです。EOS KISSもISO1600まで設定できますが、L判で仕上がりを見ても粗さはほとんど気になりません。むしろ思っていた以上に出来がよく驚いてしまいました。おそらくこのレンズは一生手放すことはないでしょう。
特徴は@通しf/2.8の明るさAL レンズBIS(イメ−ジスタビライザ−)付。シャッタ−速度換算で2,3段階の手振れ補正。といいこと尽くし!!!
難点は高いと重い(レンズだけで約1.5kgでしょうか!!
花形フ−ドまでつけたら宇宙戦艦ヤマトの波動砲のようになってしまいます。
そういうわけで、17-50mm、望遠で70-200mm。というレンズの組み合わせを今回選択したのでした。
ロ−プロのカメラバックに収納するとこんな感じになります。しかしショルダ−はおもいおもい!!

下の写真のようにデイバックcamera専用に最近はしています。
レンズガ−ドとメディアです。
1.0GだとLfineで300枚くらい撮れますが撮影のときはほぼ使い切ります。
最後にコンパクトデジカメも購入しました。広角28mmから撮れるということで600万画素の釣り用デジカメです。

2013にはEOS7Dに変更して、現在に至った。7Dは写真撮ってなかった・・・。

2016被写体も徐々に変化して、デジイチの携帯性、利便性、そしてミラ−レスの高性能化を検討していた管理人はこのたび、ミラ−レスにcanonからsonyへ総蔵替えしたのであった。

MY CAMERA

2016からのミラ−レス新システム

2008年ごろのシステム

inserted by FC2 system