昨日秋保に一泊し、今年の釣りをスタ−トしたのだが、今日は人生の中で命の危険を感じた初めての出来事だった。いつものようにボ-トを組み立て、出向したのだが若干風があり釣りずらいとは思っていたが、やはり風があり思うように釣りができず、戻ろうとしたとき天候が急に一変し一瞬のうちに嵐のようになってしまった。ボ−トを出したところまで約2.5km。突風に船が飛ばされそうになり、横殴りの雹!全身ずぶ練れで波が船底をたたきいすが何度もはずれ、まさに遊園地のアトラクションであってくれと思うほどしゃれにならない状態。まわりはさっきまでは晴れていたのに薄暗い夕闇となり、テレビで見る嵐の中の航海とはこんなんだぁ。はっきりいって、エンジンよ止まらないでくれとただただ願うばかり。2.5kmの長いこと長いこと。1時間くらい暴風雨のなかにさらされていたようで、車が見えたときは奇跡の扉が開いたようだった。
 今日は身をもって、危険な体験をした。。もう二度とボ−トは出さないからたすけてぇとあの時誓ったのだが、帰り釣具店で「今毎日あがってるよ」と聞いて来週もいこうかなと思いました。
inserted by FC2 system