2004/6月
雨の中の釣行。朝5時半におきたが、外の雨を見て、なんとなくパソコンで遊ぶこと30分。再度床に就くがいこうかいかないかぐだぐだ10分。k-tと闇王が本日4時に支流に行ってるんで、「まぁ、顔出すか」という気持ちで出発。本流到着7時半。しとしとと雨の降る中爆竹100連発!ビビッテないで気合の釣行!!!熊上等!!!でも内心どきどききょろきょろ。はたからみると庭に下りてきたスズメのようだ。昨晩の雨で早くも本流は激流1歩手前。さすがに増水が早い。しばらくやるがあたりなし。上流に車で移動。藪の中を車でガンガン入っていく。もうキズは気にしない。橋の下で試すがあたりなし。少しあがるとk-tから電話。支流で巨大イワナをばらし、泣尺イワナをつり、闇王は見事尺イワナをGETといううらやましい報告。遊び人今日はだめ。今からこっちへ来ると行くことで、数分後久々に3人で合遊、じゃなく合流。闇王上流へ、おいらとk-tは下流へ分かれる。支流との出会いであたりが出だす。その後何度かアタリがあるがばらしの連続。おなじくk-tもpばらしばっか!!本流RODに初物がほしい所。小さな流れ込みでk-tようやくフッキング!!25cmの山女だ。闇王も上流で25cm山女GETで12時終了。遊び人バラシだらけで、釣ったのは5cmのやまめ。今日は参った。
「MMミノ-を馬鹿にしてはいかんな、この動き今見せてやるから」
「いやぁ〜、本流もなかなかいいっすね」
闇王、k-tの釣った25cmのやまめ。
6/13(日)AM4:00集合。リザ−バ−へ巨大虹鱒、やまめ釣りに久しぶりに初代ラ・バンバ・ゴムボで挑んだ。・・・が渇水でボ−トが降ろせない。しかたなくバックウォ−タ-からかついでピストン。なんだかんだで5:00からの釣りになったが、あちこちでライズ!遊び人2投目でHIT。みると20cmくらいのミニバス。k-taにもバスバス。なので深場に移動。対岸でrex m deepに20cmほどのやまめHIT。その後はやなどくるが、いまいち状態。水温19度とトラウトにはたかい。気温は朝方寒く、なんとなくいまいち。シャロ−にもどりがてらk-ta30cm弱のばすばす。陸地に下りてキャスティングしていたところ、突然根かかり・・・と思いきや、がつんがつんとすごい引き。「おっおっなんだ!!」と遊び人。ULのロッドが根元からグンニャリと弧を描いた。なんと、今まで見たこともないバッスだった。k-taにあわててライディングしてもらうが、とてつもない重さ!3kgぐらいありそうな勢い。メジャ−をあてると47cmのメガバスだった。多分二度と釣ることはないだろう。「いやぁ〜でかい。これがソイなら最高。」とじみじみ思った。その後10:00ごろ上がり別のダムでキャスティングするがだめで、帰宅。
「これが、最終兵器1/2ozのスピナ-ね。もう引いてるだけで魚の引きを味わえるから。」
「きたきた、いいひきだよ〜・・・・バスだけど」
思わず、びっくり!!47cm,3kgのメガバスだ!超重い!rex deepを一のみ。
本日のHITルア−。上で山女、下でバス
久しぶりに夕方沖提に行ってみました。4時間の勝負なので飯など食っていられません。あさりとわかさぎと青イソメで試してみましたが、何の反応もありません。ミスタ−がちびメバルとアイナメを釣ったくらいです。後半パワ−クロ−3インチでかけあがりを引いていると「ガツン」ときました。いい引きです。31cmのベッコウソイでした。だが、これ1匹だけで、おわりました。
落とし込むミスタ−
6/20(日)牡鹿半島釣行。AM2:30自宅集合。ミスタ−前日の飲み会でしばし遅れて到着。淡々と荷物を積み込み出発。台風の影響が懸念されたが、ついたらべた凪。小雨交じりの中5時出船。島を向かうが、あちこちに黒鯛つり氏。ちょっと沖目からブレイクを狙う。活性が高く何度となくアタリはあるが、フッキングせず。パワ−クロ−の腕をちぎられたり、すっぽぬけたり、熱くなる一方、ミスタ−オキアミをつけたら、竜宮はぜばっか。遊び人も黒鯛仕掛けでやってみるが、ものの5分で飽きて終了。その後いつものポイントに移動。カサゴ、メバルなどひろうが、小さくてだめ。実績のある根で、遊び人のロッドがガツン!!ときた。完全にノッタため、格闘開始。デストロイヤ−がぐにゃりと弧を描く。グングンひいてくる。取り込んでみると36cmのアイナメ。その後、ミスタ−も根の中を丹念に探るとガツン!!!来ました待望の引き、グイグイ引きます。楽しそうです。取り込んでみるとベッコウ!これも36cm!!なかなか楽しめました。
inserted by FC2 system