2005.5.3
渓流2度目ということでAM3:00k-ta到着。なかなか休みがあわず、久々の釣行。いつもの支流に向かう。ところが、前回はアッ雪で車が通れなく、今回はなんとがけ崩れで通れない。しょうがないんで手前から入渓。ゆきしろが入ってきて笹にごりではあったが、数量が多く、なかなか遡上が困難であった。あと10日ほどたてばいい感じである。25cmのイワナをはじめ小さいのがぽつぽつとつれた。最後の堰堤の手前でk-taにでかイワナHIT!手前2,3Mでかかったため、一瞬の取り込み。「でかっ」はかってみると35cmある、口でかイワナ。その後堰堤で2ひき上げ、他の支流へ。本流はとてもでないが、入れない。去年とはぜんぜん変わっていた。昼前に戻って、いい運動だった。
がけ崩れで通れません
「はい、イワナの記録更新ね35cm」
「まぁ、こんなもんで」
へび出現!
朝から風があり、レイク中止でなぜかエリアに行くことになった。ヤマchanの車で8時出発。
非常に寒く、かじかじだったが、マイクロスプ−ンに反応し、虹鱒数匹とドナルド拾っていく。フライの方がすぐにつれ、2時間ほど楽しんだ。
このように焼くと大変おいしい。
午前中に汗を流し午後つりに向かう。13:00到着アウトドアの親父2人。ここんとこ3日ぐらいで川は落ち着いた様子。にごり具合も,水量も申し分ない。早速いつものポイントでミノ−を投げると3投目で元気のいい山女HIT。本流初山女である。
25cm1匹でそのあとが続かない。30分位してまたHIT.こちらも同じサイズである。去年の幻山女を狙いまた通う日々がくるようだ。
5/28本日リザ−バ−に行ってきました。友人の山チャンがバスボ−トを持っているのでフットコンをやってみようと4:30自宅集合。組み立てというかセッティングまでの時間がmyボ−トの約半分でしょうか。いやぁ、楽だ!!フットコンもエンジンをかけてままにする必要なしで非常に便利。すぐに操作にもなれました。これで海がいけたら申し分なし。水量が多く堰堤下10cm。いろいろ試して、オヤジワンドで20cm1匹。あたりは何回かありました。とろ-りんぐのおっちゃんが数匹あげてました。
5/29(日)本日午後からの釣行。午前中仕事で昼のパスタを速攻で食べ現地に向かう。気温17度、うす曇現地到着1:30。よくばってフライも持っていったが、少し試してすぐやめた。やはりめんどうくさい。いつもの段差ポイントでやるが反応なし。下流にくだり、大岩の深場にredriver5gをカウントダウンさせリ−リングはじめたら「ガツン!!」「よしきた」わかりやすいアタリで寄せてくると尺弱の山女。背中のネットをとろうろしたら「はい、ばらしました」ということで気を取り直して再度段差ポイントへ。ところが反応がなく、さらに二股の激流地帯へ行ってみた。今日は水量が少なくこのポイントも若干ではあるが、流れはゆるやかか。アスリ−トF7も数回キャストすると、流芯の向こう側でHIT、この場所で釣ったためしがないため、ちょっと驚きながらあわせてみると明らかに尺を超えている引き!いわゆる管理釣り場の大物の引きである。さっきのようにはいかないぞと慎重に寄せてくる。流れの抵抗も受けながら魚体を見ると「おおっ!でか!ん・・・岩魚じゃん!!」ということでますますはりきりだした。ネットに治めるまではと慎重にライディングしてびっくり!!「でかぁ前につったランドロック岩魚のようにまるまる太って、口が小さい。岩にあげてしばし眺める。まずはこの興奮を抑えるために、びくに入れようと思ったが入り口が小さい。「あせるな、あせるな」と自分に言い聞かせてびくのファスナ−をすべて開けて入れやすいようにした。「小さい入り口から入れて逃げられては大変だ、最後の詰めが大事だから」と急に高名の木登りの話を思い出しながら「曲がってはいるがまぁいいか」ということでいれようと魚を持った瞬間「ぬるっ・・・・・」「どわぁ〜っ!!!!!」はいさようなら・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・もうどうにもなりません。川に突っ込みました。しかしここの流れは浅瀬の流れとは違います。しばらく呆然。昨年の思い出がまたよみがえりました。1度やならず2度までも・・・・・・・・・・・。がっかりしながら帰りました。
inserted by FC2 system