2005年9月
9/1本日遊漁船翔英丸さんに乗り合いで乗船。平日いつか行こうと思っていたので、暑いのをがまんして行ってみた。他に2人組と1名の釣り人4人でスタ−ト。途中途中ベイトを探しながらのキャスト。最初はワカシが1匹、管理人40シ−バス。その後40前後が全体的につれていた。流し釣りでポイントの上を通過したとき管理人のタイドミノ−スリム鰯に下から「ゴボ!!」といい感じのシ−バス。ライディングしてもらって57cm。まずまずである。小1時間ほどしたところで2名で来ていた釣り人にアクシデント発生!急遽帰港することになり、釣行時間1時間ほどの残念な結果となってしまった。初めてのシ−バスの乗り合いだったが、つり易い船で次回ロックで行って見ようと思った。船頭さんごくろうさんでした。
約1ヶ月ぶりのk-taとの釣行。昨夜飲み会で1:30帰宅。4時半k-ta宅集合といってあるので3時半に起きなければならない、非常に過酷なスケ。さらに昨夜3時間カラオケでシャウトしたため、声かれとタンバリンによる皮剥け!
 案の定起きるのがつらい・・・ががんばって行った。台風14号の影響が気になるのでいつものポイントへ直行。ライオンヘッドに到着して、さぁはじめるかと思いきやk−タライオンヘット目の前で即効バイト!「もうきた!!」「へ??」と管理人。まだワ−ムをつけていないのに第1投目のフォ−ルでHIT。強烈な引きでベイトロッドが弧を描く!!でかいなあの感じは!!
寄せて見ると44ベッコウなり〜。
「一発目、ドシャロ−のフォ−ルした瞬間にきたヨン!!」「44ベッコウなりぃ」
管理人は予定とおり二日酔いでテンションが低い。小さなベッコウがくるがいまひとつ。しばらくしてk-taにHIT!!「おぉ!!いいひきだ」
「うわぁ!!きたきたきた」「きたよ長さん待ってたぴょん」と常にバックラッシュのメンテで忙しいさなかのHITである。
・・・が根にもぐられてぜんぜん動かなくなってしまった。ちょっと油断するとこうなるんでHITしたら根から離すことが先決である。ラインをフリ−にして反対側へ移動し、ききあげしてまたフリ−にの繰り返し。管理人もいつもやってしまうので、ロッドを借りて操作するとうまく外れた。そのまま管理人があげてしまった。35ベッコウとさほどではなかったが、なかなかのやり取りを堪能。その後フラットへ移動。
「リ−ダ−5号にしててよかったぁもうざらざら」
マゴチ39、40をGETして11:30あがり
9/24。2週つづけて県北から出船したが、ミスタ−管理人両名ぱっとせず。
仕立て舟でカレイ船にも乗ったが台風17号の影響で外洋はうねりがすごい。湾内の釣りになり石カレイ1枚の早上がり。今月は早上がりばかりだった。来月に期待しよう。
inserted by FC2 system