2005年10月
3連休なか日の本日がたまたま予定が空いた。ハゼ釣りに行こうと万石浦にいってみた。が今回は陸っぱ、遠くの船を恨めしそうに見ながら釣るがぱっとせず、昼前に半島入りをした。釣果はいまいちだったが、車が近いとコンロが使えていろいろ料理が楽しめて、久々に違う休日を満喫しました。風がときおり冷たく心地良い秋の気配を感じ、ロック本番突入といったところでしょうか。来週からイクゼィ!!!
16(日)朝起きると雨。庭先は風あり。「ん〜今日は過酷だ。」さらに昨夜は国分町。ますますパワ−ダウン。まぁしかし、今が旬!がんばっていくべ・・・と気合を入れてk-taんち4時半集合。現地到着結構な雨!!うんこしただけでずぶぬれ。ゴアテックスもってきてよかったわ。とさくさく組み立て。まずはライオンヘッドへ。なんと波なく風なく透明度最高となかなか条件はいい。雨さえやめばと開始。頻繁にアタリがあり管理人25アイナメ2匹GET.その後ちびべっこう数匹。青物情報もありジグをキャスティングしているとなんとここではじめて30cmサバGET!調子がよくなってきた。するとやはりライオン周辺で船下直下で「ガツン!」と竿ごと持っていかれる。「うぉ!きた〜」明らかにランカ−の手ごたえ
「ん〜重い!この重量感!最高!フォ-!!!!!」
といいながら必死でロットを支える管理人。
すかさず船首に乗船しているカメラマンのk-ta氏に一部始終をとりまくってもらう。
やっと姿を見せたモンスタ−サイズのベッコウ!!
なんと管理人、ネットも使わず余裕の素手キャッチ!ところが「いてぇ〜」とチト調子に乗りすぎた。
「おんどれ〜こりゃぁ〜」と威嚇して無事ライディング
でました記録更新
50cmベッコウなりぃ
その後k-taに40ベッコウが来て、場所を移動。フラットに向かう途中ジグをトロ−リングしていったらなんとサバ3匹もかかりました。サイズは小さくリリ−ス。
49のあとの40はとても小さく見え写真の笑顔もちょっとさびしそう・・・
「え〜今日はバックラッシュしてないんですでに収穫だけどね」としょんぼり発言。
なんとフラットはぜんぜんだめで湾内のはぜも全然で13:30終了。しかし49ベッコウは大きい!リリ−スしたんでアイナメとサバを持ち帰り!
先週に引き続きライオンヘッドへヤマチャンとの釣行。今日は7時自宅集合。ゆっくりのスタ−トである。くもり空だが今にも降り出しそう。途中からやはり降って来て、厳しい状況になった。さくさく組み立てて、早速ライオンヘッドへ。風もありアンカ−がいまいち効かない。ヘッド周辺では小刻みにあたりがある。20代のベッコウが頻繁にかかる。飽きない程度の引きは楽しめるが、大物がこない。先週デカイやつをあげてしまったからか?アイナメも2匹、きたがやはりベッコウバッカ!!かなり近場に入ってきている。おそらくあと2,3週間後がピ−クと判断した。しかし今日の雨はすごい。計流用のゴアテックス2枚重ねているので中はぬれないが、袖口からは水が入る。その後、大物が拝めずベッコウ36へ久々に行ってみた。ここでも小ベッコウで30代からがめずらしくこなかった。リリ−スも含め2人で15匹くらい釣り2時半終了。お疲れさんでした。
3週連続となったライオン。今日は6時出発で8時過ぎつり開始。がとんでもない強風。最初からこれではアンカ−全然利かず。アタリはトレズ。最近ミスタ−との釣行は天候に非常に恵まれない。移動するのもままならないまま、しょうがなくつり始めるが、管理人チビベッコウ数匹。ミスタ−1匹。ポイントがずれたところで真下で「ドカン!!」と強烈なひき。ぐんぐんもぐられるが、百戦錬磨の管理人、「40は超えてるな・・と楽しみながらライディング」サイズは40ベッコウだが、非常に元気がよく、引きは強烈だった。ミスタ−「でけえな〜」と驚き。管理人「ふふっ」と軽く鼻で笑う・・・がちょっと鼻づまり。ここんとこ40オ−バ−を結構釣っているのでこのサイズではもはや驚かない。タ−ゲットは50オ−バ−である。その後がんばるが、とにかくきょう風でつりにならない。やむなく終了。しかもアンカ−も抜けず、ロストが悲しい。アイナメも1引きつれ、あと2週間くらいでいい感じになるでしょう。水温17度。あと少し!!
デキシュ−ズと防寒着が新品なので気分がいい。40ベッコウ
「え〜、いつもコンディションの悪い中の釣行でして、なんとか1匹つりました」
アイナメはちっこいよ
inserted by FC2 system